カウンセラーの資格認定について

~カウンセラーの資格はクライエントから頂きなさい~

カウンセラーの資格

「カウンセラーの資格はクライエントから頂きなさい」は、当法人の一貫した基本姿勢で、 もしも「クライエントから資格を与えられた人」ならば、入門・学習・専修等のコースにはかかわりなく、――つまり、どこでどのように学習された方であろうと、当法人においては喜んで、かつ、「誇りを共にして」、資格を認定いたします。

「悪貨は良貨を駆逐する」という経済の原則が、教育の分野にまで浸透しつつある実態をよくよくご勘考下されたく、念のため申し添えます。

当法人認定の資格を取得されたい方へ

当法人認定の資格を取得されたい方は、「カウンセラーの資格はクライエントから頂きなさい」という主旨に合った、以下必要な物を資格認定委員会に提出していただき、ご本人同席の上審査をすすめ、当法人の資格を認定いたします。

提出物は以下です。

  • 事例を録音したテープ(クライエントの方に許可を得た物に限ります)
  • 上記の逐語記録
  • 提出する事例をご自分で検討したレポート(形式自由)

※資格取得の際には、審査料・認定料が必要となります。(資格認定委員会)